キンクマハムスターをお迎え1ヵ月で「ハビんぐ グラスハーモニー45」から「ルーミィ60」に引越した理由

キンクマハムスターをお迎え1ヵ月で「ハビんぐ グラスハーモニー45」から「ルーミィ60」に引越した理由

キンクマハムスターのあんずさん。

最初の1週間は、トイレの砂交換と水換えくらいで、
なるべくはほっとくようにしましたが、回し車の音が聞こえたりするとやはり見入ってしまいました。

覗き込むと、ピタッと固まる

だるまさんがころんだ状態でかわいらしい。

あんずがうちに来て2週間目の頃。

この頃になると覗き込んでも逃げなくなり、見てても動き回るようになりました。
エサを持って出してやると近づいて来ます。

毎日のエサは体重の10%と教えられました。
成長期の今は多めでもいいと。

しかし、

あからさまに体が大きくなったような気が・・・。

昨日より大きくなった!?
と驚く日が続きました。

ケージの大きさについて考える

横幅45センチのハビングに巣箱と回し車とトイレと給水機を入れているのですが、ゴールデンハムスターサイズの物を入れるとどうも狭そうな感じ。

まず、上の写真で使用していたアイテムを紹介します。

まずはケージ。見た目がとってもオシャレ。

グラスハーモニー 450

トイレと言ったらやっぱりこれ。継続して愛用中。

ゴールデンハムスターの快適トイレ
SANKO ゴールデンハムスターの快適トイレ

SANKO ゴールデンハムスターの快適トイレ

365円(12/03 14:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

SANKOのハウスが作りがしっかりしていて気に入っています。

広葉樹ハウス スロープ
SANKO 広葉樹ハウス スロープ

SANKO 広葉樹ハウス スロープ

643円(12/03 14:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

【追記】体が大きくなって、狭そうになったのでSANKO ウェーブハウス Mマルカン CASA ゴールデンののぞいて安心ハウスに買い換えました。

サイレントホイール 21

台座は動かないように自作しましたが使用感◎。 継続して愛用中。

主なアイテムは以上です。

お迎えした当時は体も小さく、十分でした。
しかし、日々成長するにつれて、なんだかんだ45センチじゃキンクマには狭いね~という事で、なるべくのびのび過ごしてもらいたいので早くもケージ買い替え決定。

ハビングが45センチ幅なので、買い換えるなら60センチ幅以上で考えました。

追記:ハビんぐ グラスハーモニー600プラス発売されて選択肢が増えました!気になります!

キンクマハムスターにぴったりのケージを探す

まずイケアの棚をケージに使っているのをネットで見ました。
外国の方だったかな?

IKEA DETOLF

これならきっとのびのび暮らせる!
が、でかすぎてうちには置き場所がない・・・却下!

我が家の環境は

・ケージの置き場所はラックの中段。
・お世話は棚から下ろすことがある。

これらをふまえて残った最終候補は3つ。

①60cmガラス水槽
◎価格が安い
×重い
掃除は重さと割れないように気を使いますが、カジカジする場所もなく、サイズを間違えなければ失敗はほぼないケージと言ってよいでしょう。

60cmアクリル水槽
◎軽い
×価格が高い
価格面をクリアーできるのであれば、アクリル屋さんにオーダーするのがベストな気がします。というかかなり憧れのケージ。

ルーミィ60
◎ 軽い・掃除がかなり楽
×見え方が悪い
(使っていくにつれて小傷も目立ってきました)

結果として、ルーミィ60にしました。

ルーミィ60 ベーシック
SANKO C601 ルーミィ60 ベーシック

SANKO C601 ルーミィ60 ベーシック

8,400円(12/04 04:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

ルーミィ60にしてよかったこと

前の扉は下開きになっていて、開けるとよじ登ってきてお散歩したがる。

上のアミは取り外すこともできて、お世話がしやすいのがポイント。

そして大きさ。
横幅も60センチ幅と大きいのですが、奥行きも45cmあります。

前のハビングに比べるとだいぶ広くなりました。
巣箱などを入れてもまだ余裕もあり、内装は考えていきたいと思います。

掃除はかなり楽で我が家では、
上部カバーを外して巣箱等を避ける➡45ℓゴミ袋にベーストレイをIN(ぴったり入ります)して床材を捨てる➡風呂場で洗う➡元に戻す
大体こんな流れで進めています。

ルーミィ60にして発生した問題

満足のルーミィ60への引越しでしたが、一点だけ悩まさられたことがありました。

全面ほぼプラスチックでとても軽く作られているので仕方がない事ですが、回し車の振動がすごい

ルーミィ60に直接回し車を取り付けるアタッチメントがあるのですが、それを最初使ってみました。

ルーミィ60専用ジョイント
ルーミィ専用ホイールジョイント

ルーミィ専用ホイールジョイントはルーミィベーシックにもルーミィ60にも使えます。

夜になって回し車が回りだすと、どちらも音と振動が私は気になってしまいました。(ホイールの音ではなく、振動で共振するルーミィの音です。)

対策として、以前自分で作った木製の回し車の台を使用することにしました。

ただ木の台を置くだけでは中で動いてしまうので、静音ジェルパッド を台の底のハムスターに届かない位置に取り付けました。 かなり

静音ジェルパッド

粘着力もあり、動かなくなりました。
汚れたら、水で洗えば復活します。

これで振動もなくなり、今は問題がなくなりました!

【 関連記事 】
キンクマハムスターをお迎えするにあたり用意したもの
ハムスターの冬支度。ピタリ適温プラスと暖突Mをルーミィ60につけてみた

この記事を書いた人
ぞうさん 2018年8月下旬生ジャンガリアンパールホワイト「おもち」と2018年10月生長毛「はなちゃん」の飼い主【お空組:あんず】 山にも登る。キャンプも好き。ハムちゃん日記はインスタ:@zocame_hamster