初めての冬キャン①きっかけと浩庵キャンプ場にした理由

初めての冬キャン①きっかけと浩庵キャンプ場にした理由

「年末にキャンプ」

私自身初めての事でした。
今回は冬のキャンプをするきっかけからキャンプ場選びまでのお話です。

きっかけ

ゆるキャン1話のキャンプ場


事のきっかけは「ゆるキャン!」というコミック。

ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

あfろ
617円(12/04 02:53時点)
発売日: 2015/11/12
Amazonの情報を掲載しています
ゆるかわ系の子達がキャンプをするから、ゆるキャンなのか。
ゆるい感じでキャンプをするから、ゆるキャンなのか。

それは分かりませんが、キャンプを題材にしたコミックです。
2018年1月からアニメも始ました。

この漫画は今の所冬場のキャンプが題材です。

しかし冬場のキャンプの一番の厳しい所「寒さ」がかなり軽めに描写されているような気がします。

すると「あれ、冬キャンプ楽しそうだな 言って見たいな」などと考える様になるのです。私がその一人でした。(現実はとても寒いです。寒さとの戦いです。寒さをクリアできないと、楽しくもなんともありません。)

一番不安なこと


普段連休が取りにくいので、正月休みやお盆休みなどの連休はとても貴重です。

連休が取れたときは決まって泊まりがけで出かけたりしています。

そしてゆるキャンを読んで冬キャンプの素晴らしさを知った私は無謀にも冬キャンプに行ってみようと決めました。

夏場のキャンプは何度か経験済み。夏は暑さと虫との戦いでしょうか。冬は虫がいません。そして人も少なく静か!それは嬉しいのですが、寒さが半端ない。

若いときスキー場に前のりして車中泊は何度もしていました。エンジンもつけずに寝ていたはずです。東北の冬のスキー場ですので極寒の中寝ていたと思います。

しかし、それは何年も前の話。あの頃は若かった・・・。

今、寒さへの耐性がどの程度なのか。これがやはり一番の不安要素になります。

キャンプ場選び

年末キャンプができるキャンプ場
年末休みにキャンプへ行こうと思い立った時には既に12月中旬。行くと決めたら行きます。という事で急いで準備を整えることに。
まずは目的地。どこのキャンプ場に行こうか。

冬もやっている通年営業のキャンプ場でしかも年末。
数も少なく選択肢も少なかったのですが、会議の結果最終選考に残ったのが、

①静岡県・富士山の麓の「ふもとっぱらキャンプ場

②山梨 本栖湖湖畔の「浩庵キャンプ場

どちらも富士山がよくみえるロケーションで良さそうなキャンプ場でした。

悩んだ末に決まったのは浩庵キャンプ場。決め手は冬のキャンプに行くからにはやはり星空の撮影がしたいです。冬は空気が澄んでいて星がよく見えます。

星空+富士山+本栖湖

このコンボで決まりました。
そして何より、そもそものきっかけのコミック「ゆるキャン」の一番最初に出てきたキャンプ場もこの浩庵キャンプ場です。

フリーサイトということで予約ができませんし、初めての場所で不安でしたが、まずはキャンプ場は決まりました。

次回は冬のキャンプにむけて準備したギアなどを紹介をします。
続きはこちら→初めての冬キャン②道具の準備

この記事を書いた人
カメさん カメラを持って登山します。キャンプも好き。
近々雪山に挑戦したい。
←ランキング参加中◎ポチっと押して頂けたら嬉しいです!